圧着ハガキとは?具体的なメリットや活用用途について解説

ポストの模型

シンプルな広告や親展通知に適している二つ折りの圧着ハガキ

DM

サイズとしては通常ハガキサイズという共通点のある圧着ハガキですが、折り畳み方によっていくつかのタイプに分かれています。最も一般的に利用されているのはV型と呼ばれる二つ折りタイプのもので、ハガキの倍サイズの紙を二つに折って圧着したものになります。シンプルな構造ですが、通常のハガキなら宛名の裏一面しか広告に使えないところを、二つ折りの内側部分の2面も使えるので、情報掲載量は単純計算で3倍になります。圧着ハガキとしては構造が最もシンプルなので、作成は専門業者に依頼しますがそのコストは最も安くなります。ハガキサイズというのは紙の面積だけでなく厚みや重さも基準を満たしている必要があるため、重なる枚数が増えればその分紙の厚さを薄くする必要がありますが、最も重ねる回数の少ない二つ折りなら紙は厚めになるので、開封した後もしっかりとした厚みがあって見やすいですし高級感もあります。広告としては記載量は少なめですが、その分シンプルにセンセーショナルな情報を伝えるには適しています。さらに進展通知のようにプライバシーに関わる内容で人目につくのは困るけれど、記載する情報は少なめという場合にもコスパに優れています。特別こだわりが無ければ圧着ハガキはとりあえず二つ折りにしておけば問題ありません。

圧着ハガキとはどんなもののことを言うの?

郵便法によると、第二種郵便物(通常はがき)として取り扱うことができて、公共料金の請求書や各種ダイレクトメールなどでお馴染みの、「剥がして見るハガキ」のことを圧着ハガキといいます。

圧着ハガキの種類には、主に請求書などに多用されている印刷面に光沢がない圧着ハガキと、広告に用いられることが多い光沢のあるタイプがあります。いずれも、1枚の紙の状態になっていることが大前提です。広げたときに2枚になるタイプだけではなく、3枚の状態になるものもあります。ビジネスの場では、ハガキとして扱われてコストダウンを図りながら作成や配送することができるため、今では多くのところで採用されています。
しかしながら、作成の側からみると、一枚の紙、という状態にすることに手間がかかります。専用のシール状のプラスチックフィルムを正確に貼らなければなりません。手作業で行えないというわけではないのですが、丁寧な貼り方、用紙の合わせ方など、技術が必要なところもあります。何より、そこに人件費がかかってはコストダウンとは逆の作用をもたらしてしまいます。そのような理由で、作成は専門業者に依頼することをおすすめします。デザインの相談などにものってもらえます。

圧着ハガキを利用すれば封筒に入れたDMよりも開封率アップ

DMを封筒で送付しているものの、売り上げアップに繋がらず広告宣伝効果が薄いと感じていませんか?封筒の場合、開封して中を見るという作業が面倒な上、DMだと分かれば開封されずに放置されることもあります。しかし、圧着ハガキならこの問題を解決でき、開封率アップにより売り上げアップも期待できます。
圧着ハガキ自体の作成は専門業者に依頼することができ、封筒での発送に比べて手間や時間も削減できます。圧着ハガキのメリットは、道具を使用することなく、剥離して中身を確認できるという手軽さにあり、DMであっても特段面倒に思われることもありません。また、人間の心理により、中身が気になる、捲りたくなるという効果を利用することができ、開封率がアップします。最近では圧着ハガキを利用し、お得なクーポン、無料特典などのサービスも多く、受け取った側も何か利益になるのではないかという期待も働きます。また、圧着ハガキは印刷面積を大幅に増やすことができ、印刷する情報も文字や写真をより多く使用することができ、視覚を刺激するような広告宣伝を行うこともできます。郵便ポストで圧着ハガキを見つけた場合でも、その場ですぐに捲れる上、目に付くチャンスも増えるため広告宣伝には高い効果を発揮します。

このように、高い宣伝効果を発揮する圧着ハガキを利用するなら専門業者に製作依頼を出すのが最適です。【ユニオン印刷】なら最適な大きさ、形の圧着ハガキを選択することが可能です。