圧着ハガキとは?具体的なメリットや活用用途について解説

ポストの模型

圧着ハガキなら中身が見え難く開封が分かるから機密性が高い

料金後納郵便

個人情報などを含む郵送物を送付する際、高い機密性を確保する必要があります。封筒に入れて発送するという方法があるものの、簡易書留で郵送しても第三者が開封するリスクがあり、開封を偽装される可能性もあります。しかし、圧着ハガキでその問題を解決することができ、コストダウンも行えます。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼することができ、投函作業まで対応してくれます。圧着ハガキなら個人情報などは内側に印刷して圧着することで、外側から中を見ることができません。また、圧着面を剥がしてしまうと再度圧着することができないため、開封したということが見た目から分かってしまいます。そのため、第三者が容易に開けられないというメリットがあります。そして、機密性が高いだけでなく、封筒からハガキに切り替えることで郵送料金も削減でき、圧着ハガキで広告郵便物として認可を受けることで割引も適用されます。また、専門業者に依頼することでバーコード印刷による割引、発送先ごとに区分するなども行ってくれるため、広告郵便物以外でも郵送料金を下げることができます。高い機密性を確保するため、封書で本人限定郵便で送ることを検討しているなら圧着ハガキで大幅なコストダウンも行ってみましょう。